<ol id="etzpf"></ol>

    1. コア技術
      イノベーション創出に向けて、差別化戦略の展開を行うことで、新製品やサービスの継続的な供給を図るとともに、世界のテクノロジートレンドを牽引していく技術力の更なる向上を目指します。
      イノベーションマネジメント體制の構築により、技術力の更なる向上を目指します。業界の牽引役として、常に技術革新を主導し、その失敗から學び続け、獨自の技術をいかして、より良い新製品?サービスの提供に努めてまいります。
       
      「誠美材料」では、製品の高付加価値、差別化の実現に向けて、一層邁進してまいります。當社の製品は、車載デバイス、薄型化製品、OLED、醫療機器、制御工學など、幅広い分野で使われています。
      當社の研究開発?技術関連部門では、生産技術及び高性能偏光板の開発に力をそそぎ、自主的開発を中心に、小中大型ディスプレイ、超高解像度ディスプレイ、車載ディスプレイ、OLEDなど、お客様のあらゆるニーズにお応えし、ご満足いただける新製品?サービスの提供に努めてまいります。 お客様と共に、常に市場動向を把握し、迅速な対応を行います。
       
      2020年「誠美材料」研究開発投下資本約臺灣ドル2.2億元、投下額は増加傾向にあります。
      誠美材料の製品技術開発目標について
       
      車載技術の持續開発
      ? 弊社は車載用偏光板の量産。ヨーロッパ基準5.0に使用する視角補償膜の製品が重點
      ? ドライバーシートにあるセンターユニットが異形製品のニーズがあるので、異形加工技術の導入
      ? OLED搭載の車載偏光板の開発
      ? KI系の車載偏光板の耐久性の向上
       
      OLED技術
      ? 一體黒OLED偏光板の導入と量產
      ? OLED搭載のの車載偏光板の開発
      ? フレキシブルOLED偏光板の開發
      異形偏光板の加?能力が最適化
      レイザーと異形の研磨裝置取り入れ、より効果的の加工を目指しながら、カスタマのニーズに満足
       
      ビジネス用覗き防止NB用偏光板
      NBブランドメーカーとの協力で、そのブランド製品のニーズが理解でき、材料メーカー及びパネル會社との連結することにより、相応しい偏光板の導入
       
      MINI LED バックライト用偏光板
      LCD Displayがどんどん発展する傾向なので、製品の歩留まりをさらにあげることを図り、また合理的な価額と高性能による競爭力を高める。